加治将一大統領が愛とアンティークコインで市民を導く神聖コイン共和国

検索条件

価格で選ぶ(半角数字のみ)
円~
フリーワード

商品コード: D0066004

ドイツ ミュンスター 6ダカット金貨 MDCLXI(1661) VF

直径:約47.4mm 重量:約20.66g 金品位: -
FR1773
発行枚数:-

☆かの有名な、ミュンスター 6ダカット金貨☆

表:5個の冠を載せた6種の紋章(Stromberg,Münster,Borkelo)、中央にミュンスター司教領Christoph Bernhard von Galen(1650-1678)の家紋

裏:ミュンスターの景観(聖パウル大聖堂も含む)、雲の上には刀を持つ聖Paulus(エジプト初の隠者として称えられる3世紀頃の僧侶)

※両面とも「2・5・8・11」時の位置にマウントあり

※表面聖Paulus右下に「6」の字のスクラッチあり



大ピピンと小ピピンがいる。

いきなりそんなことを言われても、ピピンと来ないだろうが、大ピピンは5世紀と6世紀をまたいでピンピンしていたカロリング家の先祖だ。

カロリング家ってなんだ?

フランク王国のメロビング朝に仕えていたくせに、謀反を起こして、造ったのがカロリング朝だ。

What isフランク王国?

尽きない疑問。

はいはい、5?9世紀にかけて西ヨーロッパ全土を支配したゲルマン系の王国。限がないので、これはこれでやめる。

さて、お次は真っ黒い髭で顔がおおわれている小ピピン(714~768)とは何者か?

大ピピンの孫の孫で、初代カロリング朝の国王だ。

その小ピピンの子供、カール大帝によって司教座がおかれたのが、ドイツの街ミュンスターである。

ふ~、ようやくこのコインに描かれている街にたどりついた。

現在は人口約30万の人の大学都市だが、なんといっても有名なのが「ヴェルファーレン条約」だ。

1648年、この条約によってカソリックとプロテスタントの死闘、30年戦争に終止符が打たれたという世紀の和解なのだが、その舞台がミュンスターなのである。

お互い痛み分け。領土を尊重し、それぞれ干渉しない。

早い話が、もう大人なんだから「君は君、僕は僕されど仲よしでいこうよ」ということだ。

事実上、プロテスタントが勝ち取った勝利なのだが。

コインに描かれているのはアルファベットの暗号年号だ。

MDCLXIで1661年。

解読はこうなる。

M=1000

D=500

C=100

L=50

X=10

I=1

すなわちM      D+C      L+X  I

(1000)+(500+100)+(50+10)+1=1661年となる。分かるかな?

第二次世界大戦の戦火で街は破壊されたが、大型コインの裏面にはあちこちに塔が立ち並ぶ17世紀のミュンスターがくっきりと描かれている。

空に浮かぶ聖パウロはどことなく、アニメのようだ。

どんな虎の巻を調べても発行枚数は不明。しかし間違いなく希少であることが分かっている。

大型金貨で希少、買った者勝ちだ。

~上記の解説は「加治将一の部屋」サイト、
蔵出しコインページ[過去に売れ、旅立った蔵出しコイン]より抜粋・引用しました~


※コインの状態は画像をご確認ください
ドイツ
材質
デザイン風景
年代区分1600年代
グレードVF VeryFine (美品)
販売価格: 0
SOLD OUT